綺麗な庭木のお手入れ方法|剪定実績が豊富な業者に依頼

欠点をカバー

芝

今やガーデニングに欠かせない芝生ですが、一口に芝生といっても一つの種類ではなく、いろいろな種類があります。気候によって適したものもあれば、適さないものもあります。好きな種類だけで選ぶのではなく、気候に合わせて選ぶことも重要です。ですが、庭に敷いたからといって手入れが不要なわけではありません。人間と同じように環境が変化したり、栄養が不足したり、様々ことが要因となり状態が悪くなるケースもあります。病気にかかってしまうとせっかく敷いた芝生が無駄になりますし、敷きつめるまでに再度時間がかかってしまいます。お金や時間を無駄にしないためにも、病気の予防を行い上手に芝生を育てましょう。

芝生の病気は病害菌が関係していますが、季節の中でも特に春から秋にかけては注意が必要です。このシーズンは気温が高く湿気も多くなるため、病害菌が増える可能性があるからです。病害菌が発生した時は殺菌剤やその他の薬剤などで対処する方法が一般的ですが、予防のために定期的にこれらの薬剤を散布することが大切です。

芝生の種類によってそれぞれ性質が異なるため、混播を行うことも芝生を長持ちさせる秘訣です。例えば、耐暑性に優れているものと、耐寒性に優れているものを混播することで、両方の欠点を補うことが可能できます。また、病気に対する抵抗性も種類により変わるため、あらかじめチェックをするといいでしょう。混播を行うことで、より健康な芝生を育てることができます。病害菌の増殖を防いだり混播を行ったりすれば、きっと長持ちするでしょう。

PICK UP

エクステリア

最適な時期と時間帯

庭の景観を保つために、雑草の手入れをしないといけません。楽に草刈りをするために最適な時期と時間帯を紹介します。夏は雑草が成長する時期なので、夏前の早朝に草刈りをすると楽になるでしょう。

植物

実績と経験豊富な職人

住宅の庭木を剪定することは大事なことですが、高い木の枝を剪定することは危険なので大阪の植木屋さんの依頼しましょう。簡単そうに見えますが、専門的な知識とのノウハウが必要になります。実績と経験豊富な職人剪定してもらいましょう。

園芸用品

土と肥料の選びから

家庭菜園には、土と肥料が大事です。育てる野菜によっても変更する必要があります。そのため、初心者が判断することは難しいので、園芸店のスタッフやホームセンターのスタッフにアドバイスをもらいましょう。