綺麗な庭木のお手入れ方法|剪定実績が豊富な業者に依頼

芝張りの歴史

庭

芝張りの歴史についてご紹介します。

芝生を庭に生やす芝張りの文化が日本に入ってきたのは明治時代以降です。それまで日本には芝はありましたが、植物の一種として考えられていました。万葉集などに登場する和歌にも芝という文字がり、日本古来から芝がありました。 そこ芝が芝生、芝張りをした庭の文化として広まったのは鎖国をが解けた開国以降、諸外国との交流が活発になってからです。欧米諸国特にアメリが合衆国に視察にいった一団が広大な公園に芝生が芝張りされているのを見て、その文化や西洋芝、または芝張りの技術が日本にも導入され、新宿御苑や明治時宮などが整備されるに従い芝張りされた空間が広がりそれが現在日本中に広まっているのです。 芝張りされた庭は春から夏、そして秋にかけて家族や友達同士で過ごす最高の場所にいまはなっているのです。

これからの動向にについてご紹介。

芝には様々種類があります。高麗芝、西洋芝などそん用途や特性も様々です。 茨城県のつくば市では新品種の芝の開発が盛んです。今後は農薬がいらない、もしくは少なくて済む芝生の開発や、さらには冬場でも緑色を保てる芝生が開発されていくことが予想されます。 また人に踏まれてもダメージが少ない、圧力に弱い芝生が開発されれば歩道などにも応用ができ、集中豪雨対策にもなります。さらにはヒートアイランド現象も防ぎ環境にもとてもいいことにつながり、芝生の未来にさらなる期待がかかっています。 芝生が植えてあるだけで、人々が集まり、自然とそこに座り人の輪ができリラックス効果も高いものがあります。芝張りされた広大な公園はいまもとても人気があります。今後もそのような芝張りのされた公園が増えていくでしょう。

PICK UP

エクステリア

最適な時期と時間帯

庭の景観を保つために、雑草の手入れをしないといけません。楽に草刈りをするために最適な時期と時間帯を紹介します。夏は雑草が成長する時期なので、夏前の早朝に草刈りをすると楽になるでしょう。

植物

実績と経験豊富な職人

住宅の庭木を剪定することは大事なことですが、高い木の枝を剪定することは危険なので大阪の植木屋さんの依頼しましょう。簡単そうに見えますが、専門的な知識とのノウハウが必要になります。実績と経験豊富な職人剪定してもらいましょう。

園芸用品

土と肥料の選びから

家庭菜園には、土と肥料が大事です。育てる野菜によっても変更する必要があります。そのため、初心者が判断することは難しいので、園芸店のスタッフやホームセンターのスタッフにアドバイスをもらいましょう。